今月のスパイス大使のテーマは
スパイスでお料理上手『スパイスと旬の食材で楽しむ秋レシピ』です。

届いたスパイスは、シナモンスティック(セイロンシナモン)、クローブ、そしてサフラン
見た瞬間、これは・・・これは、ゆっきーちゃんのカレーを作る時に使うやつや~んってとっさに思ったんですが・・・とりあえず単独で使うには何を作ろうかなぁとここしばらく考えてました。

今回のスパイス大使のテーマの中では一番難しいと感じるスパイスたちかも(;´∀`)
いやいや、ここがまた、一歩レベルアップするとこよ~♪と気持ちを前向きにして(*゚∀゚)っ

というわけで、一番初めに作ろうと思ったお料理は。。。

 
焼きりんご
焼きりんごです(*´ω`*)

りんごの美味しい季節ですものね♡
思わずスーパーへ走ったのですが、紅玉がなく、シナノスイートで。紅い色にならないのは、種類の関係かな(;´∀`)
それでも、せっかくなので糖度が15度くらいの甘いのを選んできましたょ。

(´∀`)クリック応援。よろしくお願いします(´∀`)
 レシピブログに参加中♪


おはようございます。今朝も冷えましたね!
まだまだ昼間は残暑が厳しいですが、済んだ青空が秋らしくて、ちょっと気持ちも引き締まりますね。

さてさて。

りんご。りんごの話を。

私はりんごを使ったスイーツが何よりも一番好きなのですが、実はそのまま食べるよりも加熱する方が好きです。アップルパイとか、フィリングとか( *´艸`)

でも、この焼きりんごも同じくらい好きです。
そのままでもいーんですけど、お勧めはなんといってもバニラアイス添え♡

それではレシピです!

レシピ 焼きりんご (りんご1個分) 時間:45分
(材料)
・りんご...1個
・グラニュー糖...大さじ1
GABAN シナモンスティック(セイロンシナモン)...1本
・バター...5g
A白ワイン...40ml
Aはちみつ...大さじ2~

※お好みで、バニラアイスやドライフルーツ(レーズン・ラズベリー・クランベリーなどお好きなもの)やナッツ類を合わせてどうぞ。

工程1
1.リンゴはワックスを落とすようにしっかりと洗い、芯を取り除く(下までくりぬかないようにする)。つまようじを使って、上の部分に数か所穴をあける。

工程2
2.くりぬいた部分にグラニュー糖を入れ、中心にGABAN シナモンスティック(セイロンシナモン)を刺し、細かく刻んだバターを押し込むようにのせる。

3
3.【A】を合わせる(はちみつの量は好みの味に仕上げてください)

工程3
4.りんごを耐熱容器に入れ、中心部分に向けて「3」を静かに注ぐ。(全体にかかるようにする)

4
4.180℃に予熱したオーブンで30分ほど焼く。

りんごの大きさによって焼き時間が微妙に変わってくるかと思います。
目安は皮がしわしわになる程度。ちょっと焼き過ぎたかな?くらいが食べた時にじんわり柔らかさを感じるかなと思います。

バターを・・・グラニュー糖の上にのせて焼きましたが、グラニュー糖・バター・グラニュー糖ってすればよかったな。とちょっと後悔(;´∀`)
たぶん、その方がりんごの中にバターが溶けるよね。

というわけで、そのへんはお好きにどうぞ~(;''∀'')

焼きりんご
フォークとナイフを用意して。ナイフを入れると優しくすぅっと入っていきます。

白ワインを使っていますが、アルコールは飛んでいます。
気になる方は量を減らして下さいね( *´艸`)


そしてなんといってもやっぱりこれ♡

焼きりんご
熱々の焼きりんごにバニラアイスを添えて、お好みでクランベリーやレーズンをトッピングしたり。
ナッツを入れても食感が楽しめます。
バニラアイスに煮汁をかけてお召し上がりくださいね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

※シナモンスティックは食べられません。(かじっても美味しくないです←かじったことのあるヒトがここに一人w)

秋の食材を使った料理レシピ
秋の食材を使った料理レシピ  スパイスレシピ検索

今回使ったシナモンスティックはこちら。(画像はお借りしています)
シナモンスティック(セイロンシナモン)

今回の焼きりんご、シナモンシュガーを使っても作れますが、それとはまた違うツンと鼻にこないような優しい味わいがあるように感じます。

普段はミルクティに入れてかき混ぜて、香りを楽しむのも好きかな(*´ω`*)


にほんブログ村 料理ブログへ


シナモンは身体を温める作用があるので、秋の夜長にも嬉しいスパイスです。
徐々に秋が深まってきました。皆さんはどんな秋の夜を過ごしてますか?

読者登録 ありがとうございます。
ブログ更新時にラインに通知が入ります♪