今朝もまた冷えましたね~。
日の出時刻も遅い(今日は6:56)ので起きてからいつまでたっても真っ暗で
より寒く感じちゃいます(;´∀`)

せっかく買った葉ボタンたちを植えられないまま玄関に放置してるけど
今日は植えられるんだろうか・・・(;^_^A 一応晴れ予報です!少しは暖かく感じるといいな。

さて、今週もはじまりましたね。今日のレシピは卵焼き

でも卵焼きって誰でも普通に作るものだと思うので、レシピというよりアイデアかもしれませんが
冬休みまであと1週間ほどでしょうか?
毎日お弁当を作るお母さんたちへの手助けになれば幸いです╰(*´︶`*)╯ 

(´∀`)クリック応援。よろしくお願いします。ランキングに参加中!
 レシピブログに参加中♪

ねぎみそ効果で旨味もアップ!

ねぎみそ入り卵焼き
ほんのちょっぴり入れるだけでしっかりコク旨!
おみその味がアクセントになって、いつもの卵焼きがより美味しく感じます♪

レシピ ねぎみそ入り卵焼き (1~2人分) 時間:5分
(材料)
・卵...2個
・塩...少々
A赤みそ・みりん...各小さじ1
Aにんにくチューブ...少々(0.5cm)
A小口ネギ...大さじ1(ですくった量)

下準備
  • 卵はボウルに割りほぐし、塩で調味する。(味噌を入れるためいつもより控えめでOK)
  • 【A】を混ぜ合わせる。

工程1
1.卵焼き用フライパンに油(分量外)を薄く塗り、卵液を1/3ほど流し込んで焼く。全体に固まってきたら菜箸やターナーなどでくるくると巻く。
2.巻いたら油を再度ぬり、卵液を同量(全体の1/3)流し込む。固まってきたら巻いた卵の手前にあわせておいた【A】をのせてから卵を巻く。

工程2
3.再度油をぬって残りの卵液を流し込み、卵をまいて完成。

5
4.キッチンペーパーの上に取り出して軽く包み、余分な油をとる。粗熱がとれたら食べやすい大きさに切る。

私はいつもフライパンの奥から手前に向かって巻いています。で、巻き終わったらフライパンの上を滑らせて再度奥へ・・・その繰り返しですが、手前からでもどちらでも。普段の作り方でどうぞ。

だし汁・牛乳などを加えてある程度卵液の量が多い場合は、流し込んでから固まる前に箸で少しほぐしてあげると、ふんわりした卵焼きが出来上がります。
今回、卵を2個しか使ってないのでそれをする前に固まってますけど。。。( ´艸`) 

ねぎみそ入り卵焼き
我が家はお弁当を作らないので、これは夜ご飯の一品となりましたが、卵焼き大好きな主人が喜んで食べてくれました♡


レシピのPoint♪


    料理は昔から好きで、子供のころからしてたけど、なんせかなりの不器用モノで・・・。
    卵焼きでさえ昔はうまく巻けなかったんですよね。

    それで左手にターナー、右手に菜箸とかねw 結構駆使してたんですけど、ここ数年で気づいたら菜箸だけで巻けるようになってました(笑
    たぶん、卵の分量とか火加減とか、油の入れ具合なども関係しているんじゃないかな~なんて密かに思います。

    毎日お弁当にと卵焼きを作ってらっしゃるお母さんたちは私よりもっと上手に作られると思いますが、お友達ブロガーさんたちに教えてもらった作り方ポイントも踏まえて、今の私自身が気を付けていることを書いてみますね。

    1. 油について
      油は小さじ1ほど入れ、キッチンペーパーで周りも含めて全体にぬっています。
      キッチンペーパーを使うことで、余分な油は吸い取ってくれます。
      また、卵液を入れる前に都度キッチンペーパー(初めに使ったもの)で油をぬります。

    2. 火加減について
      初めから終わりまで、弱火~とろ火で行います。ここはじっくり焦らない!

    3. 卵について
      しっかりとよくほぐします。とくに卵白を切るように混ぜると焼き上がりの色が綺麗な黄色になります。
      2回目以降卵液を入れるときは、巻いた卵焼きを箸等で浮かせて、下側にも入れましょう。(フライパンを斜めにして流し込みます)
      新たに入れた卵液が固まるときに、巻いた卵とくっつくのでより綺麗にまけます。

    でもね。卵焼きを作るときは他事をせず、じっくりコンロの前に立つ
    まずはやっぱりこれが基本です( ´艸`)

    にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ


    今日は愛車の半年点検!そしてやっとスタッドレスにタイヤ交換をしてもらいます。
    これでいつ雪が降っても大丈夫~~( ´艸`)

    今週も素敵な1週間となりますように~٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 

    読者登録ありがとうございます。
    ブログ更新時にラインに通知が届きます♪