ナムルって焼肉の時に食べたくなります(焼肉屋さんのイメージ戦略!?)
そして、味はちょっと濃いイメージがありますが、どうですか?そんなことはないのかな??

そういうナムルも好きだし美味しいと思うけど、家で食べるならもうちょっとあっさり。サラダ感覚で食べたいな。そんな風に思って作りました。

普段「あんたは具を入れすぎや!」とよく主人に言われるんですが
今回はお口にあったらしく、ひたすらお箸が進んでましたょ♪

(´∀`)クリック応援。よろしくお願いします。ランキングに参加中!
 レシピブログに参加中♪

あっさりナムルだからこそついついお箸が進んじゃう!

キャベツとツナとコーンのナムル
キャベツはレンチンで作ります。そのあとはただ混ぜるだけ♪
最後にすりごまを振りかけていますが、これがまたいいシゴトをしてくれるんです♡

3人分くらいかな?と思って作りましたが、作り置きできるのでキャベツがお買い得だった時に1玉とか買ってきて倍量で作ってもいいかも!

工程は大きくわけて2つ!それではレシピです。

レシピ キャベツとツナとコーンのナムル (3人分) 時間:10分
(材料)
・キャベツ...200g
・塩...ふたつまみ
・ツナ...1/2缶
・スイートコーン(缶)...大さじ2
A醤油・ごま油...各小さじ1
A生にんにく(チューブ)...少々
・きび砂糖・白ごま...各小さじ1

工程1
1.キャベツは食べやすい大きさでざく切りにしてボウルに入れ、さっと水にさらしてから耐熱ボウルへ入れる。(※水分はざっくりと切りますが、完全には切らなくてOK)
2.塩をまわしかけてからふんわりラップをし、600wのレンジで4分加熱する。
3.ザルにあげ、キャベツから出た水分をしっかりと切って粗熱をとる。その後さらに手でよく絞る。

3
  • キャベツの粗熱をとっている間に【A】を合わせ、ツナは油を切っておく。
4
4.キャベツをボウルに戻し、【A】、スイートコーン、ツナときび砂糖を入れて全体を混ぜ合わせる。

5
5.
白ごまをすり、容器に入れたナムルに振りかける。

ツナ缶は70gのものを半分使用しています。
白ごまは、はじめから”すりごま”を使っても良いですね。うちはなかったのですりました(笑


キャベツとツナとコーンのナムル

9×14cmほどの野田琺瑯の容器にちょうどピッタリな量です。
うちでは、普段なら残る量なんです。そう思ってこれに入れたんですが、今回はほぼ主人が食べきっちゃっいました。

なのでまた作ろうと思います(笑
作りたてはもちろんですが、少し冷蔵庫で寝かせると味がおちついてより美味しく感じます♡
まさに作り置きにぴったりですよね!

レシピのPoint♪

  1. 火傷をしないように十分注意してください
    キャベツはレンチンしたあと耐熱ボウルも含め熱くなっています。
    また、そのあと手で絞るときも火傷をしないように、十分に粗熱をとりましょう。

  2. ツナの油について
    今回は調味液にごま油を加えているのでツナ缶の油は切りました(別の料理で使うためにとってありますけど)
    缶の蓋で抑えるようにして油をしっかりと切っています。

  3. 生にんにくについて
    生にんにくはチューブのものを使用しています。
    にんにくって、翌日とか、お弁当に大丈夫?とも思いますが、ほんの少しでもあるのとないのとでは違うので、今回のレシピにはぜひ加えて頂きたいです。

  4. 白ごまについて
    忘れてはならないのはやっぱり白ごま!!
    食べるときの香りはアクセントになり、そして多少水分が出たとしても、しっかり吸収してくれる優れものです♡

キャベツの粗熱は、ほんとにほんとにしっかりとってくださいね。
私はちょっと頑張ったら、そのあと掌がじんじん(;^_^A

そんなとこ、頑張らなくていいのにーっっってやつです。

にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ


1027人感センサー付きの小鳥
人感センサー付きの小鳥をお迎えしたんですが・・・人がいなくてもときおり鳴いてます。

なんか、見えない人もおうちの中に入ってきてるのかなぁ~と思いつつ・・・www


今日も素敵な火曜日を♡

読者登録ありがとうございます。
ブログ更新時にラインに通知が届きます♪