岐阜にはからし豆腐という冷奴が昔からあり、郷土料理のひとつです。

夏が始まるころから、毎年スーパーに並ぶので、今年もそういう時期がきたなぁ~と思いながら
必ず手に取ってしまいます╰(*´︶`*)╯

からし豆腐
(写真はこちらよりお借りしました)

こんな感じでスーパーに売っています。
半円ドーム型で中にからしの塊が入っているの。
子供の頃に比べると、ひとまわりサイズが小さくなったような気がする。。。

私の子供のころは、父がこのからし豆腐が大好きで
食卓にからし豆腐があると「おっ!からし豆腐か!」なんて言いながら喜んで食べてた覚えが( ´艸`)

美味しそうに食べる父を見ていると「食べてみるか?」なんて言いながら
わざと辛子を沢山くれたりして、うわーん(´;ω;`)ウッ…ってこともあったりね(๑´ڡ`๑)

そう。意外とからしの量がしっかり入ってるんですよね。

普通に全国にあるものだと思ってたのですが、そうではないことをブログを書き始めてから知りました。

このからし豆腐、ウィキペディアによると約70年前に名古屋から岐阜へ伝わったとか!?
京都あたりでも同じようなからし豆腐があるそうです。


今日は副菜として楽しめるお豆腐レシピ。
からし豆腐をヒントに、豆腐とからしを和えて炒めた雷豆腐です。

簡単に作れて、美味しいのは間違いなし♪
少し肌寒く感じるので、冷奴より暖かいお豆腐があるとほっとします(*ˊ ˘ ˋ*)。♪:*°

(´∀`)クリック応援。よろしくお願いします。ランキングに参加中!
 レシピブログに参加中♪

レシピ からし入り雷豆腐 時間:10分

からし入り雷豆腐
「ハウス食品×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加しています。
今月は、スパイスでお料理上手『薬味だけじゃもったいない!ねりスパイスが決め手のレシピ』です!

【材料】(1人分)
・豆腐...90g(3個パックの1つを使用)
ハウスねりからし<お徳用>...小さじ1~
・ちくわ...1本
・醤油...ひとまわし
・油...大さじ1/2~1
・小口ねぎ...適量

【下準備】
下準備
  • 豆腐を水切りする(今回はキッチンペーパー使用して器を重しにしています)
下準備2
  • ボウルに水を切った豆腐を入れて手で軽くつぶし、からしを加えて混ぜ合わせる。
ちくわ
  • ちくわは縦に2等分してから0.5cm幅で切る。

【作り方】
工程1
1.フライパンに油を入れて中火にかけ、ちくわを炒める。
2.ちくわがふんわりと膨らんできたら、下準備した豆腐を加え、混ぜ合わせながら、ちくわを絡めるように炒める。
3.醤油をまわしかけたらひと混ぜして火からおろす。

からし入り雷豆腐
4.器によそい、小口ねぎを散らしていただきます。

ねりスパイスの料理レシピ
ねりスパイスの料理レシピ  スパイスレシピ検索


お口の中でとろけるような食感です。
小さなお子様から高齢の方まで。家族みんなが食べられるように辛子の量は調整しでも。
足らない場合は食べるときに各々で足してもいいし。

お好みで醤油と、七味唐辛子などを添えておいても良いですね╰(*´︶`*)╯


雷豆腐の語源は、豆腐を炒めるときに、雷のような音がすることから!
初めて作る時はその音にびっくりすることもあるかも( ´艸`)


レシピのPoint♪

  1. 豆腐は絹豆腐を使用していますが、木綿でもどちらでも構いません。

  2. 水切りが足らないと、炒めた時に水が飛んだり、豆腐が跳ねたりする場合があるので、音だけでなく火傷にも注意してください。

  3. 豆腐を炒めるときは木べら等で優しく。混ぜすぎると粉々になって見た目も食感もあまりよくありません。醤油をかけてからは火にかける時間が長いと醤油がこげてくるため、さっと混ぜたら火からおろしましょう。


日本ブログ村のランキングに参加中!
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ


キッチンペーパー
愛用のキッチンペーパーはコストコのもの。
たいていは水でさっと洗って乾かし、次はお掃除に使ったり。そんな風に使っています♪

読者登録ありがとうございます。ブログ更新時に通知が届きます♪