オムレツやオムライスを上手に綺麗に作れると、すご~くテンションが上がります。

が、なかなかどうして!?上手くいくときといかないとき。どちらが多いかといえば、いかないときの方が多いような気がします(;´∀`)

それならばいっそのこと初めから崩しちゃえ!?的に、ちょっと横着してみました(◍•ᴗ•◍)

横・斜俯瞰
ちょっと大きなスクランブルエッグ・・・ともいえるけど(´▽`) '`,、'`,、

(´∀`)クリック応援。よろしくお願いします(´∀`)
 レシピブログに参加中♪
レシピ ふわとろ卵のオムレツ風 (2人分) 時間:10分
・ 卵 ・・・ 2個
・ スイートコーン ・・・ 70g
・ バター ・・・ 10g
・ トマトピューレ(またはケチャップ)・・・ 大さじ2
A 塩 ・・・ 少々
A 牛乳 ・・・ 大さじ1
・ ブラックペパー ・・・ 適量
・ イタリアンパセリ ・・・ 適量

卵液
1.
卵を割りほぐし、【A】を加えて調味する。

工程1
2.フライパンにバターを入れて火にかけ、バターが溶けたらスイートコーンを入れて炒める。

工程2
3.
スイートコーンがふっくらとしてきたら卵液を加える。
4.卵液が固まってきたらざっくりと大きく混ぜ、かたまりすぎないうちに器に取り出す。

トマトピューレ
5.
同じフライパンにそのままトマトピューレを入れて火にかける。ふつふつとしてきたら、器に盛り付けた卵の上にのせる。
6.お好みで、ブラックペパーやイタリアンパセリを振りかける。

私は普段無塩バターを使用していますが、有塩・無塩はどちらでも構いません。
スイートコーンは缶のものを使いましたが、今ちょうどトウモロコシもお安くなってきてますから、それを使ったらより美味しくなりそうです!!

横・真俯瞰
バターで甘さを出しつつも、ブラックペパーをすこし振りかけることで、きりっと味も引き締まります。

主菜・副菜はもちろん、お弁当のおかずにも嬉しい卵料理。
朝食やランチなどシーンを問わずに食べられる嬉しい一品です。


横・アップ
ふわとろのたまごに、このコーンの食感もまた食べごたえがあります。
卵だけだと、あっという間に食べ終わっちゃいそうなので、コーンは是非とも入れて作ってほしいと思いますლ(´ڡ`ლ)

工程4で「卵が固まらないうちに取り出す」としてますが、フライパンの余熱で十分固まります。
また、かき混ぜる際は菜箸ではなく、フォークやスプーン、スパチュラなどを使用すると、ふんわりしたオムレツ風に出来上がります。

レシピを書きながら、ふわふわな食パンにはさんでサンドイッチにして食べたいなぁ~なんて思っちゃいましたが、これをご飯の上にのせてオムライス風ワンプレートにしても良いですね(๑◔‿◔๑)


にほんブログ村 料理ブログへ


一緒に炒める具材で美味しさも、そして雰囲気も変わります٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

ふんわりたまごレシピ
左:トマト入りふんわりたまご ← お酢を加えてさっぱり感を出した夏レシピ
右:ふんわり卵と野菜のオイスターソース炒め ← それぞれ少しづつの野菜を使って卵を加えた節約に見えない救済レシピw

私たちが子供の頃は卵は栄養価が高いから1日1個まで!
な~んて言われて育ったんですけど、今はそうではなくて、特に何個食べても問題はないと聞きました。
そりゃ、5個も6個もまとめて~ってのはちょっと・・・なのでしょうけど。

どんどん技術が進歩して、解明されることも多くなって、過去正しいといわれることも実は違ったのねってことが多いです。
だからこそ、アンテナを高く持っていなくちゃなのですょね( *´艸`)

今日も1日頑張って、素敵な時間を過ごしましょう~✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:₀。


読者登録 宜しくお願いします。
ブログ更新時にラインに通知が入ります♪