小さな、やさしい秋を感じる味です(*ˊ ˘ ˋ*)。♪:*°

今日は朝から曇ってて、少し肌寒く感じるので
さつまいも大豆のピューレを合わせてポタージュを作ってみました。

食物繊維た~っぷり♬
イソフラボンも私、もとい世の中のすべての女性に嬉しい!栄養満点なポタージュ( ´艸`)

めーっちゃ濃厚!ってわけでもないけど、ポタージュらしいやさしい味。
さつまいもが前面にでることはなく、甘すぎない食べやすい味わいかと思います。

(´∀`)クリック応援。よろしくお願いします。ランキングに参加中!
 レシピブログに参加中♪

レシピ 大豆とさつまいものポタージュ 時間:20分

横11

【材料】(2人分)
A大豆ピューレ...1袋(80g)
A牛乳...200ml
・玉ねぎ...1/2個
・さつまいも...1/2個
・油...小さじ1
・水...200ml
・ローリエ...1枚(なくても可)
Bバター...5g
Bすりおろしにんにく...小さじ1/3~1/2(お好みで)
Bブラックペパー...適量
B塩...適量
・刻みパセリ(乾燥パセリでも可)...適量

【下準備】
下準備1
食の科学舎さんの大豆ピューレを使用しました。
北海道長沼町で育った大豆「とよまさり」の薄皮もまるごと使用したこのピューレは、なんと食物繊維が豆乳の18倍だとか!!!!!

まずはこのピューレを、牛乳とよく混ぜ合わせておきますょ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 

下準備2
玉ねぎは薄くスライスし、さつまいもも0.3~0.5mm幅ほどで薄く切ります。

【作り方】
工程1
1.フライパンに油を入れて中火にかけ、玉ねぎを入れて炒める。
2.玉ねぎが透き通ってきたらさつまいもを加え、玉ねぎが焦げないように火加減を調整しながら、全体を混ぜ合わせるように炒める。

工程2
3.水を加え、ローリエを軽く折ってから加え、中火~弱火で5分ほど煮る。

工程3
4.アクが出るので、それを丁寧にすくい、そのままさつまいもが軟らかくなるまでさらに5分ほど煮る。
5.粗熱をとるためさらに5分ほど置く。

工程4
6.下準備した【A】と「5」を入れてミキサーにかける。
7.裏ごししながら鍋に戻す。
8.【B】で調味し、ふつふついう位を目安に弱火にかける。
9.器によそい、刻みパセリを散らす。


横22
刻みパセリもなくてもまぁいーんだけど・・・・あったらより風味が良いのでお勧め╰(*´︶`*)╯

パセリ
私はいつも庭で育てているパセリと”ちょん”っとちぎってきて使います。
スーパーに売っているものより、やっぱり採りたてって香りが違うんですよね( ´艸`)

春先になるとパセリの苗がホームセンターなどで売っています。
それをプランターでも地植えでも良いので植えておくと、まさに雑草のように(๑•̀ㅂ•́)و✧
特に手をかけることなく、元気に育ってくれますよ。

パセリはせり科の2年草。花が咲いてこぼれ種が落ちればまた生えてきますよ~(ㆁᴗㆁ✿)

レシピのPoint♪

  1. 今回はおおよそ500mlのポタージュが出来上がります。器によっては2~3人分かと思います。

  2. 粗熱をとる時は、火にかけたコンロではない方へ置くだけでも時間が短縮できます。
    急いでいるときは(洗い物は増えますが)ボウルやほかの鍋に移し替えても!

  3. 私の使用しているミキサーは、もう何年も前に薬局のポイントでGetしたもので(笑)
    特にいろんな機能があるものでもなく容量も500mlくらいが限度のものですが、フープロやハンドミキサーなどでも問題なく作れます。
    全て入りきらないようであれば、【A】の量を調整ください。残った分はあとで煮詰めるときに加えてもOK。

  4. ボウルで濾すことで、口当たりがさらにより良くなります。

  5. 大豆ピューレの代わりに茹でた大豆を一緒にミキサーにかけても作れますが、出来上がりの味わいや栄養素などは異なります。

日本ブログ村のランキングに参加中!
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ


そうそう。パセリと一緒に写ってるのはオレガノ。
これも生育は強いですね。

あと、青しそや赤しそ、アップルミント、あとワイルドストロベリーとかね・・・
今はないけどミント系とか。やっぱりハーブ類は強いょねw

これらは夫に言わせると雑草だそうで( ノД`)

私はぐんぐん育ってくのを見るとわーい╰(*´︶`*)╯なんて思ってなかなか引っこ抜けないので
本当に育ちすぎる傾向にあるのだけど、夫は関係なくばっさばさ(T▽T)

夫婦なんてそんな感じで良いのかもしれませんね~٩(ˊᗜˋ*)و


読者登録ありがとうございます。ブログ更新時に通知が届きます♪