たまごと野菜を組み合わせた料理が好きです。
簡単でちゃちゃっとフライパンで作れるので忙しい朝でも大丈夫。
卵焼きを作るより多いかも( ´艸`)

今日はトマトとえのきとコーンで具沢山に♪
ごはんはもちろん、パンに挟んだりしても美味しく食べられます(*˙˘˙*)

(´∀`)クリック応援。よろしくお願いします。ランキングに参加中!
 レシピブログに参加中♪

レシピ コーンとトマトのふんわりたまご 時間:10分

コーンとトマトのふんわりたまご
全体的にふんわりとした食感で食べやすい。でも後がけしたブラックペッパーがいいシゴトしてくれるんですょ(。☌ᴗ☌。)

【材料】(2人分)
Aたまご...2個
A牛乳...大匙1
Bトマト...1/2個
Bえのきだけ...40g
Bスイートコーン(缶)...40g
・油...小さじ2~
・塩...少々
・ブラックペッパー...適量
・刻みパセリ...適量

【下準備】
下準備
  • 【A】をよく混ぜ合わせる。
  • トマトは食べやすい大きさで乱切りにする。
  • スイートコーンは汁気を切る。
  • えのきだけは3cmほどに小さく切る。

【作り方】

コーンとトマトのふんわりたまご
  1. フライパンに油を入れて中火にかけ、あたたまってきたら【B】を入れてしっかり炒める。
  2. コーンがふくらみ、トマトが好みの焼き加減になったら、あわせておいた【A】を回しいれる。へらでかるく混ぜ合わせ、固まり始めるまでは触らないようにする。
  3. たまごが細かくなりすぎないようにへらでざっくりとかき混ぜ、塩で調味する。全体に火が通れば完成。
  4. 器に盛り付け、ブラックペッパーをふりかけ、刻みパセリを散らす。

工程写真付きの詳しい作り方はこちらからどうぞ↓↓
コーンとトマトのふんわりたまご

コーンとトマトのふんわりたまご

by ひなちゅん

調理時間:10分
Comment

ふわっとしたやさしい食感と、後がけした黒コショウがきりっとアクセントになったふんわりたまご。スクランブルエッグを作るように簡単に作ります。モーニングやブランチ、おかずの一つとしてどうぞ。ごはんにもパンにも合う一品です。

このレシピを詳しく見る

レシピのPoint♪

  1. 使うトマトによっては水分が多く出る場合があります。熟したものより、ちょっぴり固いものを使うほうが作りやすいです。水分が気になる方は、盛り付ける際に取り除いてください。

  2. ホワイトペッパーでも作れますが、ブラックペッパー(粗びきであれば尚よし♪)のほうがアクセントとしての役割が大きいですが、歯に挟まる場合もあります。食べる方の状況に応じて使用してください。

  3. 卵液を入れたあとは、すぐに触りたくなる衝動にかられますが、ここはじっくりと待つ!
    細かくなりすぎるとぼそぼそとした食感になっておいしさが半減します。固まってきたころを見計らってざっくりとへら等で軽く混ぜ合わせましょう。

これまでにレシピアップしたふわたま料理はこんな感じ。
ふわたまレシピ
左:ふわたまオープンサンド → 「もちふわ匠の逸品」で作るふわたまオープンサンド(2016年)
中:トマトの入ったふんわりたまご → マヨとお酢を使って食欲減衰の夏でも食べやすいように仕上げています。(2017年)
右:マッシュルームと野菜のふわたま炒め → コンソメを使った味付けの一品。(2018年)

なんとなく似たようなレシピは年に数回アップしてるんだなぁと思った今日でした(。☌ᴗ☌。)

日本ブログ村のランキングに参加中!
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ


今日はとってもよいお天気となりました!
でも実は午前中はちょっと体調がおかしく、夫を送り出してからはしばらく寝てたんですがなんとか回復。午後から銀行とお買い物へ行ってきました٩(•ᴗ• ٩)

真っ青な空に緑と赤と黄色。ところどころ紅葉したモミジがとてもきれいで癒されましたが
実は今朝・・・

寝起きに珈琲を作ろうとコーヒーメーカーに珈琲の粉をセットして最後の最後
あれ?このあとボタン押すんだっけ?そのままでいいんだっけ!?

思わず、わからなくなりました( ノД`)

寝起きだったから・・・きっと体調がおかしかったからだと思っておこうorz


木々や花の名前が出てこなくなったり
夫に教えてもらっても、数日たつとやっぱり忘れちゃったりもするのだけど

コーヒーメーカーの使い方って・・・自分でもさすがにちょっと焦ったわw

こうして年齢を重ねるのかなぁと思いつつ・・・でもさすがにまだ早すぎるっしょ(;^_^A
そんなもんなのかしら!?

明日はちゃんと使えますように。わたしよ!ファイトだ!!( ・ᴗ・ )⚐⚑

読者登録ありがとうございます。ブログ更新時に通知が届きます♪