梅雨もまじかな今日この頃・・・のはずなのですが
今月は梅雨前なのに暑さ厳しい6月の始まりとなりました( ꒪⌓꒪)

気温もかな~り上がるけど
カラっとした暑さとは違うジメジメな暑さは、1年のうちに最も私が苦手な時期です><

まだ梅雨入り前なのに、すでに早く終わって欲しい・・・
そんな風に思いながら毎日を過ごしています(-_-;)

さて。

今日は、ブロッコリーの茎(や葉っぱ)を使った副菜のレシピ。
作り置きもできるので、ブロッコリーを購入したときはぜひとも作ってほしい一品ですょ|•'-'•)و✧


レシピ書くの、め~っちゃ久しぶりですが
美味しくできたのでよかったら参考にしてくださいね♡

(´∀`)クリック応援。よろしくお願いします。ランキングに参加中!
 レシピブログに参加中♪

レシピ ブロッコリーの茎を使ったツナのめんつゆ和え 時間:15分


ブロッコリーの茎とツナのめんつゆ和え

ブロッコリーを購入した時、茎だけじゃなくて、葉っぱもついてますよね。
 というか  というか・・・かなり悩みましたが、今回は茎とします)

まぁ、そんな部分を使用した一品。
先月末に作ったいわゆる節約レシピ

そして、塩を使用しない減塩レシピです。
厳密に塩分を計ってはいないので、たぶん・・・(;^_^A

ではどうぞ~٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 

【材料】(2~3人分)
・ブロッコリーの茎や葉など...ブロッコリー1本分
・ツナ缶...1個(70g)
・乾燥わかめ...ひとつまみ
・めんつゆ...小さじ1~2

【下準備】
  • ブロッコリーの茎は外側の固い部分は取り除き、食べやすい大きさで薄く、場所によっては細かく刻む。

【作り方】
  1. 水(分量外)に切ったブロッコリーの茎や葉を入れ、柔らかくなるまで煮る(おおよそ10分)
  2. ボウルに湯切りしたブロッコリーの茎や葉を熱いうちに入れ、ツナ缶(オイル含む)と乾燥わかめを加えて良く混ぜ合わせる。
  3. めんつゆで味を整える。

レシピのPoint♪

  1. 乾燥わかめは和えてるうちに、ブロッコリーの水分とツナのオイルで十分戻ります。
    量はお好みで構いませんが、乾燥わかめって想像以上に膨らむので、少量でよいかな~っと思います。
  2. ブロッコリーが柔らかくなるまでの煮る時間は、固い部分が柔らかいと思う人それぞれの感覚や、量により異なります。
  3. ブロッコリーの水溶性ビタミンは茹でてる間に水に溶けてしまいます。
    栄養素がもったいないので、その水を使用してお吸い物やお味噌汁を作りましょう♪
    気になる方はレンチンでもOK。
  4. 塩は使用していませんが、めんつゆの味とツナ&わかめの旨味で十分美味しく食べられます。

日本ブログ村のランキングに参加中!
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ

0531夜ごはん
この日の夜ごはんは、ハヤシライスとブロッコリーのんと、そら豆の塩茹で。(に、うずらの卵を添えたもの)でした。

日曜日は週の終わりの感覚が強いですよね。
翌日からはお仕事もはじまるし。

のんびりだらりんとした、日曜日の夜ご飯でした∗•*¨*⸜(´ ˘ `∗)⸝*¨*•∗


LINE読者機能がリニューアルしました!ブログ更新時に通知が届きます♪