岐阜の”荘川”って聞いたことありますか?

県内の方や、近隣にお住まいの方であれば
例えば「荘川桜」とかね。ご存じの方も多いのかなぁと思います。どうでしょう?

場所は岐阜県の飛騨地方、高山市内なのですが、岐阜県の地図を思い浮かべてみると
福井県に近いあたり。近くにはひるがの高原などが有名どころかな。

私は昔~むかしになりますが、スキー場へよく通ってたのでw
ふむふむなるほど~~場所はOKだったのですが

この荘川で作られているキャベツ。

実は岐阜県唯一の夏秋キャベツの産地なんですって!!!

荘川キャベツ
届いたキャベツはとても大きくて立派なものばかり。
荘川の中でも、「だな高原」という標高1200mの高冷地で、たったお二人の農家さんが日々頑張ってこの荘川キャベツを作られているとのこと。

飛騨地域の中でも特に標高が高く、夏でもとても涼しいところだそうですが
天候の移り変わりが早く、天気に左右される農家さんにとってはとても繊細な栽培管理が必須です。

このお二人の農家さんが愛情をこめて作られているキャベツ。

今日は、暑い夏にもうれしい♪
火を使わずに混ぜるだけで作る簡単なうまだれを使って
キャベツの旨みも堪能したいと思います♡


岐阜クッキングアンバサダー
岐阜クッキングアンバサダー


(´∀`)クリック応援。よろしくお願いします。ランキングに参加中!
 レシピブログに参加中♪

レシピ キャベツのうまだれ 時間:5分(冷蔵庫で寝かせる時間は省く)

荘川キャベツ2
キャベツの旨みを堪能しながら、ちょっぴりお酒も楽しめちゃうかもwww

【材料】(2~3人分)
・岐阜県産飛騨荘川キャベツ...150g(4/1~5/1個ほど)
<調味液>
Aごま油...30ml
A醤油...10ml
A酢...15ml
A生おろしにんにく(チューブ)...2cmほど(小さじ1/2)
Aいりごま(またはすりごま)...小さじ1
Aこぶだし(顆粒だし)...小さじ1/2
A塩...ひとつまみ


【下準備】
下準備
  • キャベツは食べやすい大きさにざく切りし、さっと水で洗ったらキッチンペーパーを敷いたざるでしっかりと水を切る。
  • その間に、調味液の材料をすべて混ぜ合わせておく。

【作り方】
行程
1.キャベツをビニール袋に入れ、調味液を加える。
2.かるく揉みこみ、調味液をキャベツ全体にいきわたらせたら空気を抜いてしばり、冷蔵庫で1時間以上寝かせる。

荘川キャベツ3
冷蔵庫で寝かせたあとは、お好みの器に盛りつけて冷え冷えのキャベツをいただきましょう。
暑い毎日にもおすすめな、冷たくてキャベツの旨みを堪能できる一品です。

初めはあっさりとした、まぁ一般的にいう浅漬けな感じ。キャベツのシャキシャキ感も楽しめます。
時間を置くと調味液がじっくりと絡まり、濃厚な感じに。
ついついお箸進んでしまうような一品が出来上がりますょ♪

レシピのPoint♪

  1. こぶだしの代わりにかつおだしでもOK。
  2. 冷蔵庫で1時間寝かせている間、途中で様子をみて調味液が全体にいきわたるように置き方を変えるなどしていただくと、よりおいしく食べられます。

日本ブログ村のランキングに参加中!
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ


みずみずしい荘川キャベツ。ネット販売もされています。
たったお二人の方が丹精込めて作った幻の天空キャベツ、ぜひ食べていただけたら嬉しいです♡




LINE読者機能がリニューアルしました!ブログ更新時に通知が届きます♪