こんにちは~

今日もよく晴れて、気持ちのいい日ですねっ

やっぱりお天気がいいと気分もルンルンになりますっ


さて、昨日の記事では書ききれなかった「からくり記念館」について

今日はお話ししていきますね~



hinatunの!なちゅらる日記-からくり記念館

手前が体験館。奥が記念館となってます。

あ、HPありましたので、リンク張っておきますね→


ここは、ざっくりいうと・・・

幕末の科学技術者 大野弁吉さんという方のからくり技術を

わかりやすく紹介しているところ・・・といった感じでしょうか。


って、それだけだとすご~く難しく思えますが、

”からくり”っていうのは、遊戯の中で生まれたおもちゃのことを

総称していうようです。


なので、たとえば子供のおもちゃで、木のパズルとかありますよね。

動物の形などしていて組み合わせると四角く収まる・・・みたいな。

つたない説明でごめんなさいわかりますか~


そういうのも、からくりの一種のようで、沢山展示されてましたし

オルゴールもその一つでした。


戦国時代が終わって江戸時代に入り・・・世の中が平和になって

生まれた技術なんだそうです。


そんな時代背景にも・・・なるほどねぇ~って思っちゃいました。



ちょうど、中に入った時、館長さん(らしき人)が、団体さんを前に

説明されてました。

一緒に話を聞きながら・・・


hinatunの!なちゅらる日記-からくり人形

実際にからくり人形も2種類みせて頂けましたょ

右側のお人形なんですが・・・

上から回転しながら、階段を降りてくるんです。


そういうのがあるって知ってても、なかなか目の前で

見る機会はなかったので、おぉ~ってカンジです


説明をきいてなるほど~と思ったのは、

これを考えた当時、この人形の中には、砂を入れていたそうです。

その重みで、人形を回転させる。


だけど、砂は移動するのがとてもゆっくりなんですって。

だから、もう少し早く動かすために考えられたのがお水。


でも・・・お水は軽すぎたそうです。

重さがないと、回転しないですものね。


そのため、さらに重さを出そうということで、最終的に水銀を入れること

によって、からくり人形として確立されたということでした。


「水銀が入っている砂時計を想像してください」と言われて

ふむふむなるほど~・・・でしたょ。



もうひとつ、「茶運び人形」というからくり人形もお披露目されてました。

お客様がいらっしゃった時に、お茶を運ばせるお人形です。

ちゃんと、お茶を受け取ると、人形が反転して、ご主人の所へ

戻っていくんです。


なかなかお茶目だなぁ・・・なんて思っちゃいました



hinatunの!なちゅらる日記 hinatunの!なちゅらる日記

ちょっと写真が見にくいですが・・・茶運び人形のしくみが

わかるように展示されてました。


そのほか・・・



hinatunの!なちゅらる日記-口上

口上が始まります。

いかにも~ってカンジのしゃべり方がよかったわ



hinatunの!なちゅらる日記-東からの伝来「指南車と記里鼓車」

東からの伝来「指南車と記里鼓車」



hinatunの!なちゅらる日記-西からの伝来「からくり時計」

西からの伝来「からくり時計」



hinatunの!なちゅらる日記-采振人形

これこれ「采振人形」


こんな形してるので分からないかもですが、

高山などで見られる「祭礼山車」だし様式。

これにきらびやかな衣装を着せて、つながってるひもを

引っ張ると手足が動くんですね。


でも・・・やっぱりからくりって、骨組みだけだと怖いですね~


そして、極めつけがこれです


hinatunの!なちゅらる日記-つのだしガブ

「つのだしガブ」とタイトルありました。

ボタンを押すと~



hinatunの!なちゅらる日記-つのだしガブ2

こうなります


なかなかおもしろくって、何度も押しちゃいましたょ


頭の中の仕組みはこんな感じデス。


hinatunの!なちゅらる日記-カシラの仕組み

これ、ツノが出ている状態で撮影してます。

バネの応用によって、ツノを出したりひっこめたりするんだそうです。




hinatunの!なちゅらる日記-演出技術2 hinatunの!なちゅらる日記-演出技術

こちらは、演出技術の舞台装置です。


この仕組み、今でもTVや舞台なので使われてるのを見ますよね~。


もちろん・・・今は機械がやってくれるので、このように人の力で回してる

わけではないけれど・・・


こういうのが基本にあって、今私たちが生活するうえで役立ってることも

沢山あるんだなぁ・・・なんて、感心しちゃいました。



hinatunの!なちゅらる日記-のぞきからくり

「のぞきからくり」


江戸時代後期に出てきたそうです。

江戸では”からくり”、京都や大阪方面では、”のぞき”と言われたそう。


障子の真ん中の部分に丸い穴(ガラス)部分があって、

そこから中をのぞくんです。


紙芝居のようなイメージかな。お話しに合わせて、中で絵柄が変わっていきます。



建物の中心には、大野弁吉の技術と題して、パネルや

実物資料の展示もされてましたが、残念ながらここは撮影禁止でした。


実際に、いろいろボタンがあって触ってみたり、説明が丁寧に書かれてるので

子供も大人も楽しい記念館になってると思います。


展示物は小学生くらいの男の子とかね、理科が好きな子ならなおさらおもしろい

と思うかもだな~。


夏休みの工作や研究などにもよさそうな感じでしたょ。


そうそう体験コーナーでも、かなり遊べます~。


思わず・・・童心に帰ってしまったわ。。。


人間万華鏡が面白かったかな

自分が永遠にひたすら・・・いろんな角度で見えます。

行かれましたら、ぜひお試しくださいね~



いや~、思ってた以上にからくりって奥が深いわ~なんて思いながら・・・

hinatunは次のお醤油ソフトに心惹かれて・・・走りだしましたょ



ということで、明日は、「ヤマト醤油味噌」さんのお話しです。

またね~