コンビニやスーパーで売ってるみたらし団子って・・・
何故あんなに甘いのだろう・・・(´□`。)


というわけで。
甘いのが苦手な方でもこれなら食べれる!?
という甘さ控えめなみたらし団子を作ってみました(o^-')b



見た目は、コンビニで売ってるのとほぼ一緒だね:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


みたらし団子


レシピ 甘さ控えめ♡みたらし団子 (串3本分)

<お団子>
・ 白玉粉 ・・・ 50g
・ 水 ・・・ 40cc

<餡>
・ 砂糖 ・・・ 大匙2
・ 醤油 ・・・ 大匙1/2
・ 水 ・・・ 
大匙1
・ 水溶き片栗粉 ・・・ 水+片栗粉各小匙1

1. 白玉粉と水をボウルに入れ、耳たぶほどのやわらかさになるまで
   よく混ぜて丸めます。
2. 大きめの鍋に水(分量外)を沸騰させ、丸めたお団子を入れます。
   浮き上がってきたら冷水にとります。
3. 別の鍋に、砂糖・醤油・水を入れて火にかけ、ふつふつとしてきたら
   火を止めて水溶き片栗粉を入れて混ぜ合わせます。
4. 水をよく切ったお団子を串にさし、餡をかけて頂きます。
                                 ~ 出来上がり ~



みたらし団子2


お団子にはお砂糖を入れてませんので
はっきり言って白玉粉の味です。
お彼岸団子のような味・・・と言えば想像できますか?

岐阜(東海地方?)では、ひらぺったいお団子ではなく、こんな感じの真ん丸なお団子を
お皿に積み上げて、お仏壇へお供えしたりする習慣があります。


今回はみたらし風に餡をかけましたが
お砂糖を付けてもいいし、小豆と一緒に食べてもよいですね!


「十五夜に楽しむ★お月見スイーツ」コーナーにレシピを掲載中!

(´∀`) ランキングアップご協力のお願い (´∀`) 

 レシピブログに参加中♪





中秋の名月




中秋の名月いえば十五夜ですが
十三夜や十日夜(とおかんや)があるのはご存知ですか?

どれも、秋の収穫に感謝する行事ですが
2014年の十三夜は10月6日。
さらに今年はなんと、暦の関係で、百七十一年ぶりに
「後(のち)の十三夜」という日もあるんですょ。

その日は11月5日だそうです。


十日夜(とおかんや)は東日本で行われる収穫祭だそうですね。
私自身、今回初めて知りました。

十日夜はお月見がメインではないため
月齢に関係なく新暦の11月10日にお祭りをする地方が多いようです。



昔から十五夜、十三夜、十日夜の3日間が晴れてお月見ができると
縁起が良いとされています。
さて、今夜は晴れて綺麗にお月見ができそうだけど・・・今年はどうなるのかな(´∀`)




↓ ぽちっとクリック! ランキングに参加しています(´∀`)
   
 

 にほんブログ村     にほんブログ村